エロ動画レビュー

【みひな (あずみひな、永井みひな)】すばらしい – 哀哭の姫君拷問 〜敵に捕まったプリンセスの無惨なる運命〜 Episode-1:アマンダ、哀しき痙攣地獄に堕ちて 永井みひな

哀哭の姫君拷問 〜敵に捕まったプリンセスの無惨なる運命〜 Episode-1:アマンダ、哀しき痙攣地獄に堕ちて 永井みひな

アマンダ・ミロ(永井みひな)ムータン共和国のプリンセス。

国王の一人娘で、賢くて意志が強くて正義感も強い。

父親の蛮行、覇権主義には反対していた。

そんな中アマンダは、過激な軍事国家に拉致されてしまう。

快楽拷問にかけ、国家機密情報を聞き出そうという鬼畜の作戦が開始されたのだった。

アマンダの厚いプライドの壁は崩壊してしまうのか?それとも自ら快楽を貪る女と化してしまうのか?

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「哀哭の姫君拷問 〜敵に捕まったプリンセスの無惨なる運命〜 Episode-1:アマンダ、哀しき痙攣地獄に堕ちて 永井みひな」の本編動画はこちらから

女優名: みひな (あずみひな、永井みひな)

ベイビーの王道パターンと素晴らしい女優さんの奇跡

ベイビーさん王道の、M字緊縛ドリル攻めと、そのまま最後の本番プレイに行く流れ完璧!今後ともこういうのぜひお願いします。

女優さんはかわいいしパイパンで非常に良い!女優さんの特徴として、イキ声がガラ声という、それまではキンキンした高い可愛い声だったのに、イキになるとガラガラになる!こういう女性いるー!と思い出しました。

マジイキだからこそ出る声ですね~本気なプレイありがとうございます!何度も活用させていただきます!

開脚拘束で顎ばっか、旧作で要再勉強

頬を赤らめて感じる女優は5点ですが、この作品の直前に「コスプレ狂淫伝説EPISODE-01-狂い泣くプリンセス-拷問台の姫君佐々木絵美」を見てしまったので評価低いです。

カメラマンやスタッフは上記作品を見なおして撮り方や女優の縛り方を再勉強された方が良いのでは。

旧作の方が良い構図、縛り方、編集でとても見ごたえのある作品になってますよ。

簡単に言うとあおむけ系の拘束や、最後の開脚椅子拘束の時に常時カメラを構える位置が低いんですよ、だからのけぞった時に顎ばかり写る。

上記の作品ではカメラ位置が高めで足元全体画像からでもしっかり表情も捉えてますよ。

椅子も背もたれが頭の高さまである物にしないとのけぞって見えないですよね。

まぁ一点評価できるのは、上半身側に回り込んで表情を撮る姿勢が感じたれたのはナイスですが。

編集がダメ

サイドから素晴らしく美しく可愛いショットが撮れているのにイク瞬間に股間ショットに切り替えられる.ご丁寧に全てそうなっているbabyはこういうのが多すぎて嫌だな

安定

相変わらずの感度。

ポルチオは既にはまっているようなもの。

姫設定はあまり意味がなかった。

素晴らしい

この女は耳が弱点だなもっとこまめに耳責めをすることだイキっぷりも最高です

「イキます」がお姫様らしい

立位で縛られ佐川銀次が両耳に指を入れただけでアエギ声を出して感じている。

Tバックの上にショートパンツを履いていたのは不思議、すぐに脱がしてしまった。

愛液で濡れそぼった股間を覆う小さな布切れが透けて急にモザイクがかかる。

無毛で胸は小さいが勃起した乳首を激しくいじられイッてしまう感度の良さ。

わずかにティアラと白い手袋だけが許された裸身をポルチオ師がテク全開で嬲り、「イキ続けて死んだ女はいないが、イクと言わないとその限りでない」と言われる。

アエギ声は騒がしくなく艶っぽくて「もうやめて、イキます」と何度も叫んでいる。

窮屈な田植えスタイルでもバイブ責めされ、よだれを垂らしてイッても赦されない。

彼女は感度が良いから電動ドリルは刺激が強すぎ手動の時ほどの狂態は見せない。

一番感じる生ハメで「早くでっかいオチンポを入れて」と気持ちよくイカされている。

アナル責めはないが、イキっぷりとアエギ声で一見の価値はある。

近作だから諦めてはいるがモザイクは濃い。

いよいよもってミッヒーの尿道が心配

相変わらず何かが憑依したかのようなイキっぷり。

当然潮も吹きまくるのでいよいよもってミッヒーの尿道が心配。

正直、お姫様設定はどうなんだと思ってたけど見てみたらそんな事もなかった。

エッチな尋問されながら快感に屈しない健気なみっひー姫を、画面の前でチンチンスティックを振ってみんなで応援しよう!

王女と言う設定を最大限に活かして

例えば王女が責めを受け、イカされまくる様を国王や友好国の婚約者に見せつけるもしくは撮影してビデオレターで送り付けるなどの工夫が欲しかった作品の流れは、いつものベイビーと同じ 若干、責めが緩いと感じた永井さんの名艶技が作品を盛り上げてくれました泣きわめく訳でもなく、下品になり過ぎず王女と言う設定を台無しにしなかった第一作目にしては上々の滑り出し 次回作も期待しています!

イキっぷりがタイトルどおりでGood!

架空の国家と姫君という物語設定だが、拷問責めはいつものパターン。

だが、イキっぷりが良く見応えがある。

特にChap5では、緊縛された吊り四つん這いの姿勢で後ろから責められて、バイブを抜かれる時にブッ、とマン屁らしき音を響かせる。

Chap6では、黒皮シート台に仰向けに四肢を拘束され、美白肌に「秘境の山奥で採れたキノコから作った媚薬オイル」を塗られ、電マ責めを受ける。

痙攣し、背中を反らし、そして腹部を波打たせて絶叫する。

この女優さんの他の作品を見た時、「巨乳ではないけどハリのあるバストで卑猥な勃起乳首、ほどよい肉付きがエロいなあ」と感じた。

美少女系AV女優だが、役柄の幅が広くNGプレイなし、そのうえ感度も良好な有望株だ。

すばらしい

永井みひなさん最高! 姫君もなかなかのもの・・お姫様だから?激しい責めはないが、麻縄拘束、全裸(または、ほとんど・・)が多く、いろいろな責めで・・彼女のきれいな裸身に引きつけられる。

高貴な方だから・・イクぅ・・などと下品なことは言わない・・イキます・・はお笑いだけれど・・とにかくすばらしい!一つだけ・・ずっと、ティアラ、手袋・・はどうして??・・裸ではお姫様かどうかわからない??・・こだわりすぎ。

特に手袋はダメ、指先の動きが見えない。

「哀哭の姫君拷問 〜敵に捕まったプリンセスの無惨なる運命〜 Episode-1:アマンダ、哀しき痙攣地獄に堕ちて 永井みひな」の本編動画はこちらから