エロ動画レビュー

【春原未来】待望の傑作 だけど・・ – 縄酔い人妻 緊縛初吊り Special 春原未来

縄酔い人妻 緊縛初吊り Special 春原未来

春原未来、ハード緊縛・初吊りファック作品!!最凶緊縛師:堂山鉄心×春原未来のハード緊縛調教!!未来夫婦は遺産相続の件で義兄宅を訪れていた。

その夜に住込みメイドを緊縛調教する義兄を覗き見してしまう未来。

そんな中、義兄がゲームを持ちかける。

「声を出さなかったら君の勝ち、声を出せば君の負け」ゲームに負けたら、どんな酷い仕打ちを受けるのだろう。

平穏な生活を壊しかねない淫靡なゲームが始まる。

「縄酔い人妻 緊縛初吊り Special 春原未来」の本編動画はこちらから

女優名: 春原未来

教えて下さい。

メイド役している子の女優名が知りたいです。

宜しくお願いします。

淫らな肌に食い込む縄

春原未来さんは25歳のときに緊縛物を3本撮っておりこれはそのうちの一つです。

夫と訪問した義兄の家で、義兄の書いた緊縛小説にショックを受け自分も慰み者にされるとわかっていながら縛って欲しいとお願いします。

そして一度では満ち足りず再度緊縛をせがむのでした。

今度は知らない男にも見られながら緊縛されマンコむき出しで吊り下げら得た後義兄に見られながらその男におかされるのです。

未来さんの柔らかい肌に縄が食い込んでいき興奮で顔が赤らんでいくのがいやらしすぎます。

誰かも指摘していますが、画面が暗いのが難点。

やはり未来さんのすばらしい裸が良く見えるようにして欲しいです。

私のベストワンの未来さん主演の「露出悦楽」では画面は明るいけど未来さんの裸体は淫らそのものでした。

昨年は「お仕置き倶楽部」でレズに絡めた緊縛はありましたが、SMもので再度の挑戦を期待します。

「縄酔い人妻」から3年 より妖艶になった未来さんの肌に食い込む縄を見たいです。

「露出悦楽」で見せた薄刃監督 春原未来の最強コンビの復活が待たれます。

その際M女倫子さんのレビューに出された下記のアイデアも参考にしてもらえたらより興奮すること間違いなしかと。

SMサークルなどのM女お披露目会で、会員のみなさんに公開され、穴を濡らし、自分から、「じっくり、良く、見られる」ことに喜びを感じ、腰を動かしながら、反り立ったチンポを求めるメス犬に飼育されたM女

未来ちゃんは魅力的ですが、喘ぎ声が煩い!

未来ちゃんは、可愛い、素適なボディーの女優さんですが、未来ちゃんの喘ぎ声が大き過ぎて気になってしまいます。

このタイトルとなると、ストーリー的には、喘ぎ声の変遷と未来ちゃんの身体の変化が必要になると思われます。

すなわち、最初は、縛られ、侵されて、大きな声で、騒ぐような感じの声でも構いませんが、徐々に、縄に酔って、M女になっていくわけですから、ストーリーの中盤から、未来ちゃんは、徐々に「縄」に酔っていき、今までよりも強く「縄拘束」を自分から求めるようになっていきます。

最後は、例えば、縄で縛られ、M字開脚で、オマ〇ンコとアナルを丸出しにされ、SMサークルなどのM女お披露目会で、会員のみなさんに公開され、局部を穴の奥ように見られるが、縄拘束に陶酔した身体になってしまっており、恥ずかしさより、最後は、羞恥を求める身体となり、「妖艶な喘ぎ声」で酔うように感じています。

穴を濡らし、自分から、「じっくり、良く、見られる」ことに喜びを感じ、腰を動かしながら、反り立ったチン〇を求めるメス犬に飼育されたM女になっている未来ちゃんであれば、更に、ストリートと未来ちゃんの魅力がマッチすると思います。

女優が頑張ってるのに…

女優さんは大変だろうけど、頑張ってくれています。

問題は監督と縄師の男(同じ人物かもしれないが)・ムダに暗くしてるせいで見にくい。

・縄師のリーゼントがでしゃばり過ぎて邪魔、うるさい。

メイドさんは出さない方が未来さんにポイントを絞れたと思うよ。

このシリーズ、緊縛をするところを見せてくれるのが嬉しいね。

この作品のさわりにメイドさんが緊縛で責められる下りがでてくる。

あの縛りの名前と縛り方が知りたいな。

我流でなんとかできるけどもっと手際よく縛りたい。

実はそのメイドさんの縛りと責めがなかなかよかったんで、メインの未来さんの緊縛と責めがやや霞んじゃうんだよね。

メイドさんの下りはバッサリ切っちゃう方が、ぴしっと一本通ったと思うけどな。

しかしいくらAVだかって、弟夫婦との朝食で、正座させたメイドに自分の朝食をちぎって手掴みでメイドに食べさせるお兄さんがいるわけないじゃん。

いくらエロ小説家のお兄さんでもさ。

こういう無理くりな演出はいらないと思うけど。

今回は吊りもあるね。

でも、素人の俺は吊りには手は出せないし、出したくない。

吊りは素人が手を出すには危険すぎるから。

縛られて落ちちゃったら受け身取れないからね、下手すりゃ女性が死んじゃう。

だから吊りの場面はいつも飛ばしちゃう。

女優さんはエロいね。

1回縛られたら縛りが病みつきってのは嘘っぽいけどね。

やや喘ぎ声が大き過ぎで、嘘っぽく感じちゃって、ちょっとしらけるかな。

得点映像つきが嬉しい。

縄師さんが女優さんを縛るところを撮してくれる。

おまけだから文句は言わないけどカメラは縄師の背中撮しても仕方あるまい。

縄師の指先を撮れよなぁ。

縛りはよかったけど、縛った後の責めがいまいち印象に残らんかった。

あと下着にはもうちょっと凝って欲しかったかな。

決して白は嫌いじゃないけど、バリエーションも欲しい。

てな感じで星3つかな。

待望の傑作 だけど・・

春原未来さんには、機械的で無機質な拘束具より、プロの緊縛師による芸術の縛りがよく似合うのに・・とずっと思っていましたので、この作品はまさに待望の傑作で、続編を切に期待しています。

星を一つ減らしたのは「画面が暗すぎる」ことです。

肌色が赤っぽく、せっかくの縛りもよく見えない・・からです。

拷問ではなく調教なのですから、肌色はあくまで実際の肌色に・・特に吊りなどの縛りはズームとパンでよく見せ、「見ている人も縄酔い」しなければ意味がありません。

(メイドの調教シーンも同じようなことが言えます。

)蛇足ですが・・メイドが終始眼帯なのは意味不明です。

(たまたま眼が炎症?)

「縄酔い人妻 緊縛初吊り Special 春原未来」の本編動画はこちらから