エロ動画レビュー

【希崎ジェシカ】もっと乱れて欲しかった。 – 脱獄者 希崎ジェシカ

脱獄者 希崎ジェシカ

連続強●魔、阿久津が次なる潜伏先に選んだのは共働きの若夫婦の家。

先に帰宅した妻・美咲は、己の本能のままに行動する阿久津に抵抗虚しく犯●れる。

夫を守る為、美咲は性獣阿久津の欲望の赴くまま犯●れ続けるほかなく…。

「脱獄者 希崎ジェシカ」の本編動画はこちらから

女優名: 希崎ジェシカ

肩透かしだった・・・

ジェシカの作品としてはイマイチか?まず、ファーストレ●プではあるがいきなり始まって、すぐ射精する設定が、疑問。

そこへこの作品ではジェシカが一切パンスト穿いてないのも大いに不満。

2回目以降のレ●プ~和姦と、堕ちてゆく人妻を演じさせるとジェシカはさすがに上手だが、イマイチ抜けない!やはり人妻物でもパンストビリビリに引きちぎってレ●プ・・・というパターンがほしかった。

アタッカーズでは前作の「人妻輪●し」の方が良かった。

パンストなしは前作同様だが、今回作品は前作のように3Pレ●プではないし、犯し役の男優さんも前作の方が良かった。

いややはり犯し役は花岡じったさんが最高だった!もうちょっと激しいレ●プを期待していたのでやや肩透かしをくらった感じ。

ジェシカの身体は大きなヒップをはじめとして、相変わらず素晴らしい。

アラサーになってますますおいしそうになった。

秋山祥子が最近かなりふっくらしてきたのに比べるとジェシカはさすがだ。

もうちょっと激しい輪●を次回作には期待します。

ちょっと「あな許」入ってる?

冷徹なエリートタイプの夫との夫婦関係にぬくもりを感じられない人妻という設定が伏線。

最初のレ●プは疑似ハメ。

その後の対応次第では夫を殺すと脅される。

強●されているはずなのに人妻が自分からチ○ポを喉まで咥えこみ、夢中でしゃぶる姿はいつもの「脱獄者」と雰囲気が違う。

「人は皮一枚剥げばみんなケダモノだ」という阿久津の言葉がこの作品のカギ。

激しく犯●れる快感を受け入れておきながら、これは夫を守るためという大義名分で糊塗し、自分はあくまで被害者であり夫を裏切っているわけではないと自己正当化している人妻のズルさを重犯罪者の阿久津に見抜かれ、あんたも極悪人だと皮肉られる。

まじめで清楚な人妻が、自分のレ●プ願望を薄々自覚しながら、それを認めるか認めないか葛藤するギリギリの心理的な機微が作品の個性になっている。

レシピはいつもとほとんど同じだが、じゃっかん味付けが違う作品と言った感じだった。

気合入ってる作品

演技は絶妙だし、美しく色気あるジェシカちゃんを楽しめました。

シーンが凝っていて、特に照明は工夫されてましたね。

濃厚な絡みシーンもよかったし、カメラアングルにも満足です。

落ちが弱い

義理の弟設定とかにした方が良かったんじゃないかな。

ちと無理がある気がした。

落ちが中途半端で残念。

もっと明確な心境の変化を描写してほしかった。

もっと乱れて欲しかった。

おとなしめの作品。

犯●れているが、犯人に同情していく様子を伺える。

冷たい旦那と犯人と、どちらかを選ぶラストにしては良かったと思うんだが、心と身体は犯人に寄っていく流れで終わってしまい中途半端な感じだ。

このシリーズのヒット作品が思い出せないくらいに、野獣的な男優も居ない。

「脱獄者 希崎ジェシカ」の本編動画はこちらから