エロ動画レビュー

撮影者の男が終始うるさい – 尻肉と肛門じっくり見せていただきます

尻肉と肛門じっくり見せていただきます

尻肉の形状をじっくり堪能した後、おもむろに見せつけられる肛門に興奮が止まりません。

生き物のようにヒクつき蠢く様子を接写でバッチリ押さえております。

目に焼き付くほどガン見して下さい。

尚、一人の女性がオナラかマン屁が判然としない音を奏でておりますが、これもご愛嬌とお許し下さいませ。

「尻肉と肛門じっくり見せていただきます」の本編動画はこちらから

瑞々しい

いかにもエロそうな女性が見せつけてくれるのも良いですが、この作品の最初の女性が、この手のものでは拝見したことのないような雰囲気をお持ちで、かなりドキドキしました。

一人目の人は美谷朱里さんですね

一人目の人は「美人だけどなんとなくプロっぽいな」と思って調べてみたら美谷朱里さんという単体女優さんっぽいですね。

さすが単体女優さんともなると飛びぬけて美人ですがオナラ・ウ●ココースに行くことはまずなさそうなのがザンネンです・・ただ臭いそうなウンカスアップが見れるだけで本望です。

1人目の子・・

pemoさんと同じく。

最初の子、めちゃカワですね。

こういった作風ではあまり見られないタイプかも。

是非次作にも出て欲しいですね。

内容はひたすらアナル凝視!分かる人だけが満足する作品です。

僕は大好きです。

アングルとポーズ

コンセプトは素晴らしいし、この監督は本当に尻が少なんだなと感じる。

しかも今回は美人そろいだった。

ただ、肛門のアップも良いのだが、この監督はアングルやポーズの引き出しが少なすぎるのが難点。

パッケージの写真のような「恥ずかしいポーズ」から見える尻肉や肛門に興奮するのだが、単純にアップにするだけなら誰かわからないうえに羞恥心も感じられない。

がに股で肛門を広げて後ろや斜めしたから見上げる構図や、マングリ返しのポーズや、便座のようにくり抜かれた椅子に座らせるとか、いわゆる見せ方の引き出しを増やしてほしい。

引き裂けるくらい肛門を広げた状態で「汚い肛門ですがご覧ください」や「3日ほどうんこが出てません」と言ったセリフを言わせるとかしてほしい。

シンプルに観察する良さも理解できるが、ほんの少しポーズや構図を加えるだけで更にシンプルな部分が引き立つ。

定期的に制作しているようなのでファンとしては、ぜひスパイスもきかせた今シリーズを観たい。

美谷朱里さんのおならが聞きたいです

美谷朱里さんの映画めちゃくちゃいいです。

新の映画は欲しいです

美谷朱里がとにかく最高

美谷朱里のアナルをここまで接写で見れるとは思いませんでした、しかも何回も。

それだけで十分に価値のある作品です。

撮影者の男が終始うるさい

おまえの汚い声を誰が聞きたいのか。

はずかしめるのが好きな人は良いかもしれないがだったらなぜサンプルだと編集で消されてるのか。

悪意しか感じない。

「尻肉と肛門じっくり見せていただきます」の本編動画はこちらから