カリビアンコムのエロ動画レビュー

【麻布レオナ】無修正AV動画レビュー – 床上手〜伝説の美熟女〜

床上手〜伝説の美熟女〜

あの伝説の美熟女スター、麻布レオナさんの登場!くるくる巻き髪にくっきりした大きな瞳がとても魅力的。

年を重ねてもやはり本が良いせいか綺麗です。

オッパイとお尻もまん丸でとっても良い形をしています!見た目とは裏腹にかなりの恥ずかしがり屋で終始恥ずかしそうに照れているレオナさん。

でも占い師の細○数子から預かったというバイブ、ローターを渡されると自分で突起したクリ、オマンコに同時に刺激し「気持ちいい〜」の連発。

口では男優のチンコを咥え、そのまま連続でイきまくり!人妻なのに超淫乱熟女な麻布レオナをイかせまくってください!(ドリームルーム社提供配信:カリビアン嬢)

「床上手〜伝説の美熟女〜」の本編動画はこちらから

女優名: 麻布レオナ

熟女モノはいいですね!若い娘にはないエロさがあります。

崩れかけたボディラインがまたたまらない!

基本的に熟女は好きになれません。

それに、伝説の美熟女との事ですが、ただの太ったおばさんですよね。

昔は良くても今はね〜。

大人の色気があっていいですね!たまには熟女もいいかも。

熟女女優さんですね。

顔は好みのタイプでないので・・・

熟女好きなんですけど、私的にはイマイチ。

巻き髪がオバサンっぽいからかな?

何度見ても飽きません、麻布エオナさん。

伝説の美熟女スターと言っても、美魔女と違ってオバサン全開でした。

内容がチープな上にオバサンだから、実用性に関してはかなり乏しいと。

熟女好きな人にはたまらないのでしょうが・・・

レオナちゃん、斜めからの横顔が綺麗、恥ずかしそうな仕草・表情が魅力です、バイブでは色々注文を出し楽しむ、強いマン力でバイブが抜けない、本番では、どの体位でも激しく突かれる度に「もう駄目」を連発したが、正常位で気持良くイク、中出し、気持良くなる度に足指を折り曲げて堪える姿が色っぽい。

昔、極彩色のあぶな絵を見たが白い肌に紅い腰巻・足指を折り曲げヨがり耐えてる顔が描かれていた。

足指が色っぽい。

乳最高^^

熟女は好きだがこれはハズレ顔が怖いのと口が大きくて生理的にアウトでした

伝説の美熟女?だったんですか?ただのぽっちゃりした、おばさんでしかなかった。

タイトルと違いました。

熟女もかなりの高齢ですね。

これだけの歳だったら、普通のプレイではなく、もっと男優を攻めてくれないと物足りないですね。

残念。

レオナさん全身からエロオーラ出てますね。

もう少しレオナさんが攻める姿見たかったです。

麻布レオナさん、いいですねー。

たっぷり、抜かせていただきました。

すごく恥ずかしがり屋の熟女ですね。

たまにはこういう人がいてもいいと思いました。

内容は普通のセックスでした。

熟女で有名な女優さんです。

ただ顔立ちは好みではありませんが、熟女のいやらしさが匂います。

昔は綺麗だったのがわかりますね。

ちょっとお腹まわりに余裕があり過ぎですね。

濃厚な色気のある熟女ですね。

熟女好きにはたまらない作品でしょうが、ロリ好きにはちょっと…

外国人の血が混じった美人熟女の麻布レオナさん。

上品かつ、オリエンタルな顔つきに僕の股間は立ちっぱなしです。

手入れの行き届いた綺麗なオマンコは吸い付きたくなりますね。

SEX時の野生味溢れるファックも堪りません。

若いコにはない、熟女の魅力満載の秀作でした。

もうひとつの作品より、ちょっとポッチャリすぎるように見えます。

でも、本気で感じているんじゃないかな?

熟女の香り満載。

その割には、綺麗な身体です。

勃起度80%

熟女の魅力!豊満な美尻が最高のレイナさんバックで突きまくりたくなる眺めだね

オバサンでしたね。

若い頃の作品を知らないので厳しい評価。

熟女なら麻布レオナさんといっても過言ではない、どの体位でも激しく突かれる度に「もう駄目」を連発、喘ぎ悶える姿はとてもエロくいいね

体つきも絡みのやりとりも、なかなか個性的な熟女優さんだと思います。

がっちりとした体格ですね。

これはこれでアリ、好きです。

見た目とは違った恥じらいを見せ、マンコの毛をちゃんと手入れしながら、手で隠すあたりが好感でした。

レオナさんは美人熟女ですね。

オマンコもきれいだし、たまりませんでした。

あの伝説の美熟女スター、麻布レオナさんの作品。

ハーフとの事。

色気、スタイルは◎です。

感じる表情が何ともセクシーで、ソソります。

いやぁ〜色気たっぷり。

普通の熟女のsexですね。

イマイチ興奮しません

体中から色気があふれ出していますね。

この色気は若い子には無理でしょう。

「床上手〜伝説の美熟女〜」の本編動画はこちらから