エロ動画レビュー

【黒木麻衣, 村上里沙】拷問シーンはよいのですが。 – 女体拷問研究所 Vol.13

女体拷問研究所 Vol.13

「女体拷問研究所」遂にグランドフィナーレ!強き女を屈服させ、男の前にひざまずかせる事こそが存在意義とはばからない研究所と、闘う事を宿命づけられた姫川の決戦の歴史にも遂にピリオドが…!?拷問室に強制招待された姫川は、まだ希望を捨てていなかった。

それは、竹下ななが捕まる前に連絡を取った姫川直属部隊LADY SWATの存在があるからだった。

「彼女達さえ来てくれれば!その力を持ってすれば!研究所員たちなど一掃できるのだ」と…。

その姫川を救出すべく、LADY SWAT隊長の花野真衣が潜入を開始していた。

花野の性格を言い表すならば、勇猛果敢。

ある意味、獰猛である。

しかし、潜入を試みた花野は研究員に発見されバトルの末に捕われてしまう。

屈強な肉体と精神を持つ花野に丸一日に及ぶ媚薬漬けを施し、快楽の虜としてしまうべく拷問を始める研究所辻丸所長…。

果たして、隊長の花野真衣も快楽の淵に堕ちてしまうのか?そして、姫川は…!?ついに最後の砦は開いてしまうのか?(DO素人)

「女体拷問研究所 Vol.13」の本編動画はこちらから

女優名: 黒木麻衣, 村上里沙

ボリューム満点!!

総集編などの類でもないのにこの価格でこのボリュームはかなりお得だし楽しめます。

まぁ逆に時間が長い分、同じ責め方が続くという印象も受けますが…。

花野さんがきれいで好きなのもあって購入したのですが、観てみると村上さんもかなりセクシーでいい味だしてます。

欲を言えば、二人とも責めがもう一歩足りないんですよね。

けど、コストパフォーマンスもいいし、二人の女優さんもきれいなんで買って損はないでしょう!!

シリーズの総集編に期待

祝「女研」グランドフィナーレ! 独りよがりで冗漫でイラっとしたが秀作であった。

是非,構成をスッキリ練り直した編集の総集編を作って,名作として長く残して頂きたいと希望します。

二人の女優好きにはおすすめ

二人の女優好きには最高の作品だと思います。

色々な形で責められ最初は嫌がっていたが段々感じ始めてしまい・・・。

ベイビーならではの責めが展開されています。

ただ希望をいえば木馬電マや電流責めがあればもっとよかったです。

でも価格的にリーズナブルで買って損はないと思います。

おすすめします。

おすすめです!!

二人の女優さんが素敵です。

スレンダーで美人な村上さんと、スタイル抜群の花野さん、それぞれ無理やりいかされ続けます。

最初は抵抗しますが、執拗な責めを受け続け、快楽に逆らえなくなり、痙攣しながら感じてしまいます。

かなり興奮させていただきました。

村上里沙最高!

間違いなく村上里沙(今は竹内紗里奈らしいが)の代表傑作です!じっくりした責めは、最近のbabyのような派手さはないが、興奮度は、全然こちらの方が上です。

いまだにこのシリーズが続いているのは彼女の好演によるところが大きいのでは(引退同然の彼女を頻繁にシリーズに登場させているところからも伺えます)!しかし、今の彼女は劇中で見る限り、確実に色褪せています!本格登場でこの作品にまで、ケチがつくようなことはないようにしてほしいと思うほどの名作です!

囚われの強い女

女SWATチームのリーダー 花野真衣と女捜査官チームのリーダー姫川亜由美という二人の気の強い女性が女体拷問研究所の壊滅に乗り出すものの、共に囚われとなり媚薬漬け状態で快楽責めに遭い、肉体が完全に屈服するさまが描かれています。

いわばSMクラブの女王様が快楽責めに悶絶する様子を眺めるような作品と言えばわかりやすいと思います。

快楽責めの内容はBABYエンターテイメントのギミック総動員で充実していますが、潮吹きシーンはありません。

話の展開上の問題とはいえ、二人が肉体的には崩壊しながらも精神は屈服しないところにちょっと物足りなさを感じました。

拷問シーンはよいのですが。

個人的には、女性を気絶させ拉致し、手足を拘束して・・・というシーンにまず萌えます。

そういう場面を入れてほしいです。

たとえば、戦いの最後についに女性であるがゆえ力尽き、相手の男の拳が鳩尾にはいり、気絶。

担がれ、運ばれ、手足を拘束されなど。

媚薬を使われそれでもイクことに絶え続け、ついにイッテしまう、そのときの悔しそうな表情から、気持ちよさそうな表情になるところは、かなりいいかんじです。

「女体拷問研究所 Vol.13」の本編動画はこちらから