エロ動画レビュー

【春妃いぶき】ぶっきーのSMビデオ – 聖女牝儀式 拷問系3

聖女牝儀式 拷問系3

剥ぎ取られる制服、晒される白い肌。

倒錯魔の罠に捕らえられ、少女が陥った性の魔窟。

狂気の性戯に悶え呻く、幼い凌辱の犠牲者。

可憐な少女の悲鳴が、嗚咽が、いつ果てるともなく地下牢にこだまする。

「聖女牝儀式 拷問系3」の本編動画はこちらから

女優名: 春妃いぶき

満足できます

ローソク攻めにあって叫んでいるところが、とても興奮するないようです。

モデルは一人ですが、シチュエーションを変えてプレイがあるので、飽きずに楽しめます。

美しいです。

拷問系はあまり見ませんでしたが、制服姿の少女たちが、呻き、叫び、そして苦しむ姿は感動的ですらあり、堪能できました。

次回作は、気の強い少女に拷問を繰り返し、玩具として調教してしまう作品などが楽しみです。

期待しています。

チェーンの股縄がいい。

芸術的なジャケットに惹かれて購入しました。

チェーンの股縄のシーンがあるのですが、滑車でじわじわチェーンが女の子の股に向かって上がっていくシーンは良かったです。

責める方も、無機質な反応で、女の子が際立っていてよかったと思います。

表紙のシーンはまさにそのまんまクライマックスとして収録されていますが、圧巻です。

ジャケットほどじゃない

冒頭建材を用いた仕掛けでシャンと金属音とともにスカートがまくり上げられ、チェーンで股縄と上場の滑り出しと思いきや、シーン半ばでブツ切れに。

その後は様々な体勢で拘束されているものの調教師は同じことしか言わない、同じ責め方しかしない、潮吹きを売りにする女優を起用して潮吹きを撮り損ねるカメラ。

初期?だからか?女優の本領がまるで見えない。

女優の名前と派手に潮を吹きあげているジャケットに安心しきって買った分余計に残念さが大きかった。

セーラー服が似合う

あどけない顔(角度によっては少しおばさん顔に見えることもありますが・・・)と細い体でセーラー服が似合う子です。

肌もきめ細かくきれいで、そんな体に容赦なく拷問にかけるのはやっぱり興奮します。

首と手首を拘束して上向きブリッジはきつそうですね・・・それだけにかなりそそられました。

背骨が浮いているところが贅肉の少ない若い証拠で、これもセーラー服が似合う子の特徴かもしれません。

ギロチンに固定される女の子がかわいい。

ギロチンに固定される女の子が好きなので購入してみました。

苦痛系のプレイが多かったので、好みは分かれるかもしれません。

ギロチンへの固定は、非常に屈辱的で自分がモノになったような気分、相手のおもちゃになるしかないという絶望感、無力感が極端に強いのですが、そういう女性側の心理的な面はあんまり描写されていません。

どちらかといえば、ギロチンに固定して思うようにしたいという男性側の視点から描かれた作品だと思います。

ぶっきーのSMビデオ

ぶっきーはセーラー服に身をまとい、いたいげな少女感が出ています。

いろいろなシーンがありますが、個人的には、ぶっきーをギロチンでブリッチのような体勢で拘束して、敏感なところにろうそくを容赦なく垂らしていくシーンがとてもよかったです。

熱い熱いと叫びながら、暴れている様子がよかったです。

「聖女牝儀式 拷問系3」の本編動画はこちらから