エロ動画レビュー

【春妃いぶき】究極のフェチものと言っても過言ではないです。 – Sticky

Sticky

業務用、ネズミ取りもちを、32リットルも使って、女子学生服のまま、ネバネバになって頂きました!!モデルさんは、AV女優の「春妃いぶき」さんです。

おそらく、この量を使っての作品は、世の中に出てこないのではないかと、心配になるくらい、大量の粘着液にまみれて、電マオナニーをしてしまいます。

おまけ映像として、休憩中の様子と、撮影後の様子を8分程度収録しております。

ちなみに、撮影後、このネバネバを身体からおとすのに、約4時間程度掛かりました…モデルさんお疲れさまです!

「Sticky」の本編動画はこちらから

女優名: 春妃いぶき

ザ・トリモチ

トリモチを大量に使用した作品を視たのはこの作品が初めてである。

トリモチは私の想像以上の粘着性で、女優をしっかりと拘束していた。

中途半端なロープ拘束よりも断然おもしろかったし、見ごたえもあった。

また、女優も楽しそうにトリモチと戯れていたのもおもしろかった。

新しい

こんな作品見たことがなくてとても新鮮です。

とても素晴らしい。

途中で本当に落とせるのかどうか心配になりつつも、やけくそになっていくあたりの心境の変化にぐっときます。

できればネバネバを最後まで綺麗に落とすまでの動画も見たいです。

髪の毛とか本当に落とせたのかどうか気になって気になって仕方ありません。

バイブシーンが長すぎるかなぁ

作品の半分くらいは制服をネバネバと脱衣、残りのは半分は全裸だがただ仰向けにバイブするシーンが長くあまり動いてくれない…。

企画は非常によいのに、うつ伏せになったり、ネバネバをまとってグルグル回ってみたりといったシーンがありません。

(まあ鳥餅が硬すぎるのかもしれないが)もうちょっと全身でネバネバを楽しんでほしかった。

究極のフェチものと言っても過言ではないです。

前半は着衣のまま取りもちのプールに飛び込み、ネバネバで戯れたり脱衣に苦戦したり。

後半はネバネバに飲まれた状態でオナニー、脱出のためにオイルまみれ。

女優さんは陵辱ものによく出られている方のようです。

言葉遣いが荒々しいところがあって、淫語好きでも興奮できるかは……? 取りもちなんて使ったAVは見たことないので、通常のウェット&メッシー好きに飽きた方はぜひ。

「Sticky」の本編動画はこちらから