エロ動画レビュー

【若月まりあ, 川上ゆう(森野雫), 宮沢ゆかり, 夏希みなみ】文句なしの最高評価 – 催●光線で支配された家族

催●光線で支配された家族

近所でも有名な仲良し家族・島田家。

長男の直人はある日、ゼミ仲間の山田を自宅に招く。

不気味なため友人のいない山田を気遣っての行動だったが、山田はただのネクラ男ではなく、催●術を使って、人間を支配するトンデモナく邪悪な男だった!姉・妹・母・彼女…大切なもの全てが、【催●】によって支配・変態化されていく…。

「催●光線で支配された家族」の本編動画はこちらから

女優名: 若月まりあ, 川上ゆう(森野雫), 宮沢ゆかり, 夏希みなみ

意外と短い

最初の感想として、あっ、90分強なんだ…とショックでしたが内容は良かったです。

ドラマ催●ものとして傑作

ドラマ催●ものとしてよく出来てます。

家族が改変されていくところに興奮しました。

4人とも良かった

特に姉の高圧的な態度からの変貌ぶりが良かったように思います。

後はラストの彼女役の浣腸からの噴射ですね。

全般的に飽きない構成になっておりおすすめですね。

MC作品の傑作

自分の知る限りにおいて、射精公衆便女催●凌●学園と射精公衆便女催●凌●オフィスに続いてMC木村氏が脚本を書いた三作目のAV作品です。

前作からすでに四年もの月日が流れ、再び出会えることは半ばあきらめておりました。

しかし再び作品を購入することができたことは感動物です。

MCファンの欲しいところを分かっている方が書かれたシナリオは何度見てもヌキけます。

っていうか各シーンごとにヌケます。

唯一残念なのは、MC木村氏の名前が正面にでていないこと。

これは非常に残念です。

自分としては、MC木村ブランドでやってもらいたいくらいです。

それが難しいというのならば、どこかにMC木村氏の名前だけは表記してもらいたいです。

もちろんMC木村氏の脚本だけでなく、女優さん達の演技も素晴らしいものでした。

MCファンにとっては必須のアイテムとなっております。

買う以外の選択肢はありませんね。

傑作。催●・洗脳・妄想系AVの集大成。

最近見たこの系のビデオのネタが凝縮されている。

光線だけという単刀直入な手法で相手は完全に操り人形。

催●のような振る舞いもさせれば憑依並の洗脳状態にもさせるし、正常意識を持ちながら体を操られるなど、95分も決して短くない。

尚、このビデオは本番の描写はたいしたことはない。

騎乗位のシーンが結構あるが、いれてるかな?というレベル。

操りの方がメイン。

いろいろなシチュエーションがあるので、みな、持ってる妄想を超越するシーンがあるだろう。

ドラマというだけあり、しっかり作られている。

たくさん感想を書きたいが、とりあえずこの系のAVが好きな人はいっぺん見て何か感じて欲しい。

洗脳者では一番好き

家族だけでなく、彼女まで餌食になるのがそそられます。

最後の我慢シーンは最高です。

夏希さんの表情がいい

特に彼女に家族の自己紹介といってM字開脚であいさつするのがいい。

あとは、夏希さんの山田さんの放尿をジョッキで笑顔で受けとるのが好きです。

最高すぎる

他の方も仰っていますが、この作品は催●、そして他者支配好きのつぼを押さえまくっています。

是非是非是非シリーズ化を希望します!同じく家族支配や更に無双モードで大規模な支配も堪りません。

傑作!

他の方もおっしゃっているようにこれはかなりの傑作です。

ここまでしっかりストーリーを作ってある催●AVを他に知りません。

MC木村氏の作品は二作あるようなのでそちらと合わせて購入しました。

久しぶりに買って悔いなしのAVに出会えました。

久しぶりに興奮した!

女優もみんな可愛いくて良かった!最後の奴●になるのやつは催●もので1番好きなシチュエーションですもっと他の作品でも取り入れていってほしいですね最後漏らしたらすぐ奴●申告してくれた方が良かったです

上級者向け?

良く作られている。

主人公や川上の演技が上手い。

しかし肝心の絡みが弱い。

カメラワークもドラマの体裁を崩さない。

ていうか疑似なのでは。

催●掛けて・・フェラは在り来たりかも知れないが、アダルト作品なんだからそれで良いわけで、そこをなんで放尿とかばっかなのか。

文句なしの最高評価

妹(ロリ)、姉(年上)、母親(熟女)、彼女(寝取り)、催●、オールジャンルがそろった作品。

さらに監督の良さ、女優さんの演技力も相まって本当に催●の力で一つの家庭が壊れていくような背徳感を覚え、それがさらにエロさに拍車をかけています。

催●、時間停止好きは買っておいて絶対に後悔しないレベルの作品だと思います。

「催●光線で支配された家族」の本編動画はこちらから