エロ動画レビュー

【夏目彩春】喪服に関しては期待せずに – 未亡人の柔肌9 夏目彩春

未亡人の柔肌9 夏目彩春

夫の生前、妻子に逃げられた義兄の愚痴に付き合った夫が酔いつぶれた隙に、義兄に凌●された悦子。

夫の三回忌とはいえ、義兄と再び顔を合わせなければならない…。

遺影を胸に抱きながら悦子はまた、ため息をつくのだった。

「未亡人の柔肌9 夏目彩春」の本編動画はこちらから

女優名: 夏目彩春

良かったです

脚本に無理がなく、すんなり入っていけました。

男優も良かったし、主人公が最後まで堕ちない。

そして何より、この女優は美しい。

色っぽい!

スレンダーBODYの清潔感のある美人「夏目彩春」美乳・美尻・美脚・腹筋の割れてるクビレのあるウエストすべてが美しい魅力ある女優義兄から無理やりに。

ストーリー&シチュエーションはGOOD義兄の言いなりになるM表情&しぐさ。

最高礼服を脱がされ細身の美しいカラダがセクシー抵抗しながらも感じてしまう激しいSEXは抜群夏目彩春の色っぽさが引き出されている作品

ピリオド

夫が残してくれたメッセージのおかげで全てから解放され、弱々しかった女が、たくましく去っていくという良くできたストーリー。

2本番目は和姦ですが、単純に快楽堕ちして屈服するのでなく、相手を蔑みながら割り切った和姦。

その微妙な距離感を好演してます。

黄昏時の光に照らされた裸体は陰影が非常に美しく、なまめかしい。

こんな演出が映えるのも夏目彩春のS級ルックスがあってこそですね。

プレイ内容自体はソフトなので、ハードプレイを求める人には向きませんが、ドラマ物が好きな人にはおススメです。

美しすぎる未亡人は狙われるのも運命か

星の数ほどのAV女優の中で断トツトップ私の心の妻彩春さん。

今作はぞくぞくの未亡人役。

この若さで愛する夫を亡くし、独り身になった薄倖な美人妻。

夫の生前、夫の兄から辱めを受けた過去が陰をもたらしている様子。

彩春さんの心の隙を狙いたい…すけべ心は誰もが脳裏をよぎるけど、義妹を我が物にしようとする義兄の執念は誰よりも強いようです。

彩春さんがどんなに拒絶したとしても…。

軽蔑され、避けられても何食わぬ顔で接近し、襲いかかり強引に貞操を奪う暴挙。

「男と女は結局セックスの相性なんだよ。

」必死に拒んでも無力感を覚えるばかり。

夫の実家に親族が集まる三回忌の法要前夜、古い浴室の前で喪服を脱ぎ、黒のブラとショーツになるシーン。

画面に身を乗り出しました。

その入浴中、浴室の引き戸を開ける義兄、背中流してやるとか目の前に立たせて身体を洗うよう命じるなど、辱めを重ねる許しがたい悪行。

「悦っちゃん綺麗なカラダしてんな…」当たり前だ。

恥辱に耐えながら限られた両腕で胸と陰部を隠しつつ泡でこする動きが艶っぽさを増幅します。

後ろを向かせると、引き締まった背中から綺麗なお尻にも目を奪われます。

ゆっくり身をよじるように屈みながら動く裸身、洗面器で泡を流す際、目に入る乳房や上品な陰毛…この作品一番の見所と位置づけます。

それにしても銀次氏、妻子に逃げられ、弟の妻を抱くために荒っぽく自分勝手でやりたい放題の義兄役は憎たらしいほど。

近くの部屋や階下に親族がいるのに「声出すとバレるぞ」と襲いかかり、必死に拒む義妹の喪服のパンストを引き裂いたり、強●フェラさせたり、犯しまくったり…天誅を下してやりたい。

義母から手渡された夫のメモは「(過去を引きずらないで)終止符を打ちなさい。

」…ってこと?二人だけになった実家で義兄のアプローチに初めて素直に応じる美顔は吹っ切れたよう。

完堕ちとは言えないまでも、口吸いを拒むことなく愛撫を許し、全裸に剥かれた垂涎の裸身が夕陽で橙色に染まります。

身勝手男は初めて合意のもと怒張を受け挿れてもらえて中出しまで許されて征服感に満たされたんだろうな…。

完堕ちを分岐点に、ナメクジのような舌使いで相手の全身や肉茎に舌を這わせるのが彩春さんの真骨頂なんだけど、ここではそこまでは魅せなかったね。

こんな非常識な男なんだから当然です。

儚げな未亡人役というだけで★4は固い彩春さんの熱演に当然★5です。

未亡人適役

前作が駄作だったので今回はと期待しましたがとても良い内容でした。

悲愴感と未亡人の幸の薄さも十二分に出ており夏目彩春作品でも上位にくると思います。

しなやかな肢体、30過ぎても劣化することないヒップからウエストライン。

銀ちゃんもいい味だしてました。

夏目彩春ホント非の打ちどころなし。

こういう作品を待ってました。

喪服に関しては期待せずに

風呂場にて、自分は酒を飲みながら悦子に目の前で洗体させ、視姦するのが乙だった。

「未亡人の柔肌9 夏目彩春」の本編動画はこちらから