エロ動画レビュー

【石原莉奈】レーティング 4: 石原女史のファンですが・・ – 恥辱の館 石原莉奈

恥辱の館 石原莉奈

3年前、夫と結婚し家庭に入った友里。

そんな夫妻の生活を覗き見ている、向かいに住む上村。

やがて性欲を抑えきれなくなった上村は、友里を我が物にすべく拉致監禁してしまう。

そして、連日上村の肉欲を受け続けた友里は…。

「恥辱の館 石原莉奈」の本編動画はこちらから

女優名: 石原莉奈

相変わらず

監督の名前見て駄作かなと思ったが案の定。

最低のカメラワーク、無意味に暗い、謎の青いライト。

かわいい女優なのに勿体ない。

女優に免じて☆2つ。

莉奈のお乳はハリがある

最後の田淵の全裸プレイが見どころ。

背面騎乗位のシーンがエロかったなぁ。

石原莉奈嬢は可愛らしい顔、綺麗なケツ、ピンクの乳首とAV女優としては申し分ないが、もっといやらしくなって欲しいなぁ。

もう、なんだろう、ほんと、たまらん!

前作に続いて、これもまた、とても良い。

こんなの見ちゃうと、ほかは退屈になっちゃう。

演じ手も、撮り手も、つくり手も、シナリオの書き手も、丁寧にやってるなぁ、という感じ。

AVにそれを求めない人もいるだろうけど、おじさんは求めちゃうな。

ちょっと外れるが・・・

石原莉奈は美しい。

なぎらの描く人妻は魅力的。

これらの事は分かっていることなので、作品のレビューの本質からは外れると思うがちょっと作品を観て感じたことを蛇足的に。

アタッカーズでレーベル名が無意味になって久しい。

まだBDや高画質ダウンロードどころかDVD以前、映像はVHSをレンタルしてた当時、アタッカーズのレーベル名にはそれなりの意味があった。

凌●系ハードAVのアタッカーズにおいて「蛇縛」は拘束具に縄を用いた和テイストのSM、「龍縛」は拘束具に手錠やチェーンを用いた洋テイストのSM、拘束具を用いずレ●プ中心の凌●ものが「死夜悪」だった。

「死夜悪」の人気シリーズだった人妻凌●ものの「夫の目の前」から、「龍縛」への派生的に「あな許」のシリーズが出てきたが、凌●をソフトにし不倫性を強調する形が強まり今は「大人のドラマ」レーベルへ。

ただ、この作品、人妻を監禁し手錠等で拘束するところは「大人のドラマ」というより「龍縛」であり、原点回帰を思わせた。

最もなぎららしく、川村慎一のように暴力的でなく、あくまで性的快楽を教え込ませるような内容は好感が持て、今後このシリーズへの期待が持てた。

うーん イマイチ

実績あるベテラン同士なので当方が期待し過ぎたのかも、タイトルからも映像も暗め。

縛ったり解いたりのリアルさがどうなんでしょう。

全裸の正上位での結合部分を丁寧に撮って欲しい。

以前、田淵政宏氏と小川あさ美さんで似たテーマの作品がありこれも暗い映像で3点でした。

変わらぬ美しさ

いい女優さんですね。

カラダの美しさは天下逸品です。

カメラアングルもいいですね。

ただ、特異な雰囲気には違和感を感じます。

監禁されてる薄暗い部屋が好きになれませんでした。

ヤルだけの陵●モノって感じですね。

このシリーズは定着するのか?

石原莉奈を起用したことで、次に香西咲を使うだろうと思う。

どれも似通った作品に成ってしまう傾向でマンネリ化は止まらない。

年間通すと名作は数本くらいだろう。

監督の力量より女優が仕事に慣れているかで決まるのが筋だろうな。

やはり美乳

石原莉奈chan堕ちた時の儚く泳ぐ目の演技が大変好きです。

今作品では少なかったですが、全裸で顔射受けた後ボー然とへたり込んでいる佇まいは見入ってしまう程やはり美乳で且つはかなげでした。

最終の絡みバックで莉奈chanがゆっくり動くのもソソられました。

満点にしなかったのはDVD表紙の絵が映像で無かった為です。

見落としならごめんなさい。

脚の遠藤のPKの様に莉奈chanの出演作は安定感があり殆ど当たりですね。

おっぱい・お尻、と最高だぁー!

莉奈さん、前作に続きまたまたgoodな作品連発ですね、おっぱいは綺麗だし、お尻はパーンと張った美尻、またそれが突かれる度に「波打ち踊る」で見応え十分でおまけに、お顔にも白濁汁がドロリでnice、独特の映像美との相乗効果で、いゃー最高だぁー、エロエロだぁー!

他人棒に嵌ってしまった清純人妻の腰使いに注目

女友達の不倫の理由が,旦那では期待できない,気持ちいいセックスであると聞き,眉を顰める人妻・莉奈。

しかし,そのとき,女友達を羨み,うづきはじめる自分のオ〇ンコに気づいていなかった。

その莉奈のオ〇ンコのかすかな匂いの変化を感じ取ったのは,女友達でも夫でもなく,莉奈の家に盗聴器をしかけ,莉奈の日々の性生活を盗み聞きしていた男たちであった。

男たちに拉致され,夫にはないプロのテクニックで,セックスでの初めて本当のイキを感じた莉奈。

元来もっていた清純人妻莉奈の,オ〇ンコの本能が目覚めた瞬間である。

一度目覚めた本能は,もう引っ込めることはできない。

チ〇ポを追いかけ,自ら咥え,奥深く呼び込もうとする莉奈のオ〇ンコ。

とくとご覧あれ。

拘束陵●で堕ちていく人妻

最初の陵●シーンが素晴らしい。

両手だけ手錠で台に拘束された状態でクンニされて、身体を右左によじって悶える姿がたまりません。

青い照明が醸し出す独特の怪しい雰囲気も良い。

次のシーンではシャツ以外を全て脱がされ犯●れている姿も卑猥。

衣服を引っ張って露出した形のイイバストがステキです。

ラストは快楽に堕ちて受け入れるお約束の展開は、多少マンネリ気味ではあるが悪くはない。

石原莉奈最高傑作!

石原莉奈の魅力は、セクシー女優としては規格外の愛くるしいルックスと、完璧な美脚、形の良い乳房、白く美しい肌にあると思うが、この作品は男優やストーリーのレベルは別にして、石原莉奈の美し過ぎる肢体を充分に堪能できる作品である。

見どころは、1、拉致され何度も犯●れるうちに抵抗する心を身体が裏切って快楽を味わってしまう場面(喘ぎ声はもう少し我慢した方がより興奮しますが)2、心も身体も許してしまった後、バックから挿入されて自ら腰を動かして快感を貪る時の色っぽい表情だと思う。

カメラアングルも出来るだけ石原莉奈の全身を捕らえようとしていて、最高傑作と言っても過言ではない。

むしゃぶりつきたくなる乳房♪

歴代の作品中、最高のカメラワーク!石原莉奈の乳房は、前作同様最高の状態です。

むしゃぶりつきたくなるような乳房、ピンクがかった乳首!また徐々に、熟した太ももあたり、良いです。

可愛い顔、張りのあるお尻、くびれた腰回り、エロい女優ですね!盗撮のシーンで、もう少しエロいシーンがあれば、なお興奮します。

旦那とのふつうの退屈なエッチなど、日常生活をもっと出してほしかった。

犯●れるまでのタメが足りない。

田淵正浩さん良い仕事しています。

田淵さんとのコンビなので、絡みは完璧です。

タイトルの性質上、場面展開が少ないのが不満ですが、拘束台を使って、ゆっくりじっくりと追い込んでいく調教過程は、見事です。

快感を覚えていく過程での莉奈の表情の変化が見事です。

完堕ち後、騎乗位で挿入し自ら腰を快感を味わうようにグラインドさせたり、正常挿入で下から腰を突き上げて快感を味わい、バックで尻を突きだし自ら挿入しゆっくりとスライドさせ肉棒を味わうシーンは秀逸です。

自分で挿れなさい

ラストシーン、バックの体勢で男からは挿れずに自分で挿れさせるところがよかった。

背徳感が無い。

石原莉奈は美人だけど薄幸そうに見えるからこういう役柄が多いけど今回のビデオでは背徳感が無かったのが残念だった!

よくわからない

ストーリーがよく分からなかった。

そんなこと、あるの?って感じでした。

レーティング 4: 石原女史のファンですが・・

石原女史は美しく、本作は、十分に魅力を生かしているとは思います。

もうすこし、抑揚というか、アクセントをつけてもらえるといいのですが、ちょっとありきたりなのが残念です。

「恥辱の館 石原莉奈」の本編動画はこちらから