エロ動画レビュー

【中里美穂】流れ作業 – 縄酔い人妻 忘れられない緊縛調教 中里美穂

縄酔い人妻 忘れられない緊縛調教 中里美穂

親が決めた結婚。

良い妻であろうと取り繕う毎日。

幸せながらも退屈な日常が美穂の性欲を燻らせる。

調教されていた日々を思い出しては自縛オナニーしても満たされない。

我慢できなくなった美穂は元の恋人で調教師でもある男に会いに行く…。

「私をあなたの奴●にしてください。

お願いします。

何でもしますから」この作品は「緊縛師:堂山鉄心」に調教されている真正M女奴●の実体験を元にしました。

「縄酔い人妻 忘れられない緊縛調教 中里美穂」の本編動画はこちらから

女優名: 中里美穂

良いできばえ

実話に基づくらしいが、それはともかくとしてよく出来ていると思う。

縛りは単純に見えるのに要点を押さえていて身体がきれいに見える。

さすが緊縛師・・縄に魅せられたし、今は拘束具が流行しているがやはり縄の方が良いと思った。

ただ、せっかく緊縛師の方がやっているなら、本格的な吊りがあればもっと良かったと思う。

問題は映像の方である。

責めは、屋外プレイから室内、プレイルームまでいろいろある。

人間の目なら露光も焦点深度も環境について行けるが、カメラではそうはいかず、屋外では一部が露光過度で飛んでいる。

屋内ではほとんどが逆光だし、ブルーのライトを当てたところでは暗くて肌色が出ていない。

全部だと言うことは、はじめからそういう設定なのだと思うが、SMクラブの舞台とは違うのであるから、(一般のAVがそうであるように)カメラで撮影した肌が、目で見たのと同じように「きれいに」見える配慮が絶対に必要だと思う。

流れ作業

中里美穂さんが変態ドMに見えなかったです。

内容は充分激しく、メニューも豊富なのに、何故でしょう? ド変態女なのに、感じていません。

悦んでいません。

とにかく反応が良くありません。

まるで陵●という名のベルトコンベアで流れ作業を見ているような味気なさを感じました。

体調が悪かったのか、緊張していたのか、理由はよく分かりません。

「縄酔い人妻 忘れられない緊縛調教 中里美穂」の本編動画はこちらから